woman_smiling

アフターピルの入手は難しい

hard to get afterpill

アフターピルは頻繁に使用すべき薬ではありませんが、いつ避妊に失敗するかわからないため、いつでも服用できるように常備薬として持っておくことが大切です。事前に用意するには通販サイトを使いましょう。

この記事の続きを読む

通販では種類が選べる

afterpill_shurui

アフターピルは様々なメーカーから販売されており、製造工程などが異なるため、効果や副作用も若干違います。アイピルなど、アフターピルの主な種類を見ていきましょう。



この記事の続きを読む

アフターピル=ビッチ?

アフターピルは不特定多数の男性と性交渉をする女性(ビッチ)が飲むものだという声がインターネット上でたびたび上がりますが、なぜそういった意見が存在するのでしょうか。



この記事の続きを読む

アフターピルを常備薬に

afterpill_always

避妊は必ずしも性交渉の前に行うものではないということをご存じでしょうか。
性交渉の後に望まない妊娠を回避するための薬を、アフターピル(緊急避妊薬)と呼びます。

アフターピルは頻繁に飲むべき薬ではありませんが、もしもの時のために常備しておくと安心です。
では、いったいどのような時にアフターピルが必要になるのでしょうか。

アフターピルの必要性が高まる時

アフターピルで事後避妊をする必要がある場合というのは、以下のようなケースが考えられます。

・避妊具を使わずにセックスした
・性行為中にコンドームが破損した
・レイプ(強姦)された
・排卵日がバラバラ

特に女性が警戒しておくべきなのがレイプです。
2014年に警視庁がまとめた犯罪統計資料によると、2013年の犯罪認知件数はおよそ132万件と、2009年の170万件に比べると減少傾向にあります。

しかし、強姦(1410件)と強制わいせつ(7672件)は逆に増加傾向にあるのです。
なお、性犯罪の被害者の97%は女性と言われています。

近年ニュースでもよく報道されるようになったレイプ事件の被害者に、いつなってもおかしくない時代なのです。
無理やりセックスをされて避妊ができなかった時のために、アフターピルは女性が持っておきたいお守りなのです。

アフターピルが欲しい!そう思ったら通販サイトを利用しよう

もしもの時のためにアフターピルをぜひ持っておきたいと思ったら、病院を受診してももらえません。
病院でアフターピルが処方されるのは、実際にセックスで避妊に失敗した時のみだからです。

「じゃあどうやって事前にアフターピルを入手するの?」という疑問が湧いてきたと思います。
あらかじめアフターピルを持っておきたい場合は、「アフターピルの通販」サイトで海外メーカーから購入することが可能です。

通販サイトでは病院で処方されるものよりも価格が低く、まとめ買いもできるので、ご自分の都合に併せて購入しやすいでしょう。

セックスをする限り、いつ避妊に失敗するかわかりません。
望まない妊娠は女性にとってリスクが大きすぎるため、失敗したと思ったらいつでも対処できるように、アフターピルを持っておくことをおすすめします。